転職してフリーランスになる

会社を辞めてフリーランスに転職しようと考えている人は意外と多いものだ。とりわけIT系の企業戦士は拘束時間が長く、厳格に納期を守らなければならないプレッシャーと常に闘わなければならない。そのため心身ともに疲れがたまってしまい、フリーランスに転職して自由に働くことを夢見るようになるのである。しかしフリーランスになれば誰もが夢のようなライフスタイルを送れるわけではない。フリーランスへの転職を成功させるためには、何より会社勤めをしている頃からの入念な準備が欠かせないのだ。

たとえば、フリーランスは自分のスキルが収入に直結する。高いスキルを持っていれば高収入が目指せるが、スキルがなければ高収入は見込めない。そのため会社勤めの内から実務で培えるスキルをしっかり習得しておくことが必要だ。それこそ即戦力になれるようなスキルがなければ、フリーランスへの転職は難しいだろう。常にスキルを磨き続けるという向上心をもって日々の仕事に臨むことが肝心だ。それから、フリーランスで活動することになれば、業務委託によって仕事を受注することになる。

しかし業務委託では、相手方から仕事を発注してくれることはほとんどない。つまり自分でクライアントを探し出せるだけの営業力がなければならないのだ。もちろん営業力がなくとも、案件紹介を専門としているエージェントに依頼すれば、手数料はかかるが仕事を得ることはできるだろう。このように転職するために求められる能力をしっかりと身に付け、劣っている能力があると自覚しているならエージェントなどの力も借りることを視野に入れて転職活動をしてみると良いだろう。